世界日報 Web版

揺らぐ「文在寅優勢論」、来月9日の韓国大統領選


文在寅氏

 5月9日に迫った韓国大統領選挙。朴槿恵前大統領の逮捕で「棚ぼた式」に優勢となった革新系候補のうち支持率トップを維持してきた最大野党・共に民主党の文在寅氏が3日、正式に同党候補に選出された。しかし、4日に中道左派、国民の党の公認候補に決まった安哲秀・前常任共同代表の支持率が急上昇し、土壇場に来て文氏優勢論が揺らぎ始めている。(編集委員・上田勇実)

中道・保守一本化なら安哲秀氏に勝機

 安哲秀43・6%、文在寅36・4%。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ