世界日報 Web版

「真実浮上」の声、潜む思惑 韓国左派、執拗な朴氏追及


セウォル号

 「真実も引き揚げなければならない」。海底に沈んだままだったセウォル号の引き揚げが始まり、リベラル紙ハンギョレ新聞は社説でこう主張した。

 左派系の最大野党・共に民主党の秋美愛(チュミエ)代表は船体引き揚げを「冷たい海底から3年ぶりに浮かび上がる真実」と表現、あたかもこれから沈没事故の真相が明らかになるかのような口ぶりだ。

 そもそも船体引き揚げは行方不明者9人の手掛かりを探すくらいで、事故をめぐる新しい核心的事実が明らかになる可能性は低い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ