世界日報 Web版

臆測乱れ飛ぶ金正男氏殺害


800

北の犯行濃厚も動機は不明

 今月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で起きた北朝鮮の最高指導者、金正恩労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害事件。現地警察の捜査が進むにつれ、犯行は北朝鮮が背後で組織的に行った疑いが濃厚になっているが、肝心の殺害理由は依然として謎に包まれたままだ。なぜ正男氏は殺害されなければならなかったのか諸説入り乱れている。(ソウル・上田勇実)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ