世界日報 Web版

朴大統領もはや“信用破綻”


800

特報’16

 韓国の朴槿恵大統領が長年親交のある民間女性にひそかに国政に関わる機密文書を流出させていた問題で、そのリーダーシップが致命的打撃を受けている。支持率は過去最低の10%台まで急落、青瓦台(大統領府)には強制捜査が入り、大統領本人への刑事訴追や弾劾の可能性まで取り沙汰されている。日本との間で協議再開が決まった軍事情報包括保護協定(GSOMIA)や「慰安婦」合意の履行に影響が及ぶ恐れも出てきた。(ソウル・上田勇実)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ