世界日報 Web版

相次ぐ北朝鮮外交官の韓国亡命 幹部階層に広がる「限界説」


テ・ヨンホ駐英公使

在英公使に続き在露書記官も?

 先週、韓国政府は在英北朝鮮公使を務めていたテ・ヨンホ氏が家族と共に先月、韓国への亡命を果たしたと発表したのに続き、在ロシア北朝鮮3等書記官が第三国経由で韓国に亡命したと報じられた。北朝鮮外交官として政権内部の第一級情報をどのくらい持っているか関心を集めそうだ。(ソウル・上田勇実)

 発表によると、テ氏は夫人と子供を同伴して韓国入りし、現在は韓国政府の保護下に置かれている。テ氏は在英北朝鮮大使館のナンバー2で、これまで亡命した北朝鮮外交官の中では「最高位クラス」だという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ