世界日報 Web版

金第1書記の不安あらわ? 地雷事件から緊張続く南北関係


800

内部結束へ韓国を挑発

 南北軍事境界線付近での地雷爆発事件に端を発した韓国と北朝鮮の軍事的緊張とその後の高官協議での合意に至る、8月に起こった一連の南北危機は終始、北朝鮮が何らかの必要性に迫られ慌てて動いたという印象を強く残した。そこには極端な恐怖政治で周囲を従わせる最高指導者・金正恩第1書記の不安な心理が隠れているとの見方が出ている。(ソウル・上田勇実)

 「地雷事件の伏線として注目すべき行事が今年6月平壌であった」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ