世界日報 Web版

韓国社会の外国人差別、KBSが注目し雑誌に反響


「多文化社会」に遠い実態

 韓国でもテレビで「外国人タレント」を見ない日はない。「韓国が『多文化社会』に入った」といわれる所以だ。「多文化社会」とは、韓国に入ってきた異文化、異人種の人々と共存、共生していく社会のことだ。

 しかし、流暢(りゅうちょう)な韓国語を操る白人がワイドショーのMCを務めたり、俳優や芸能人として活躍しているシーンは、「韓国テレビ界の国際化」は表しているものの、韓国社会自体の国際化を示すものではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ