世界日報 Web版

日韓首脳会談の実現探る 朴大統領「政府レベルで対応中」


800

米の懸念や日中会談で焦りか

 日韓首脳会談の実現可能性がにわかに高まっている。歴史認識を理由に開催に慎重姿勢を崩さなかった韓国の朴槿恵大統領が、日韓関係悪化を懸念する米国に配慮し、対日姿勢を軟化させているのがその理由。ただ、結局は中国を交えた3カ国の枠組みになる可能性も排除できない。(ソウル・上田勇実)

 先週訪韓した経団連の榊原会長は青瓦台(大統領府)で朴大統領と会談し、日韓首脳会談の開催を促した。これに対し朴大統領は「首脳会談の実現については今、政府レベルで対応中。よい結果が出ることを期待する」と述べたという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ