世界日報 Web版

敢えて“蔑視”で問う“無能” 月刊朝鮮に陸奥宗光「蹇蹇録」


困難な韓国の外交情勢

 現在、韓国では日本政府の対韓政策に対する危機意識が高まっている。安倍晋三首相と朴槿恵(パククネ)大統領との間で、就任以来1度も首脳会談が開かれないという異常事態が続いているのを受け、与党内に「対日対策班」を設置する動きまで出てきている。

 朴大統領は「既に解決済み」となっている「慰安婦問題」や歴史認識問題、竹島問題などで対日強硬姿勢を変えていない。事態が動かないと見た安倍政府は、首脳会談は呼び掛けるものの、当面、放置し、対韓関係改善を後回しにする姿勢が露骨に出ている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ