世界日報 Web版

北朝鮮の「正恩式暴走」は予測不可能?


800

核以上の脅威言及、黄海でまた砲撃

 オバマ米大統領のアジア歴訪で日米韓3カ国による対北朝鮮包囲網の強化が確認されたが、その結果を見極めるように北朝鮮が武力挑発をまたエスカレートさせている。「核以上の脅威」をちらつかせ、黄海では約1カ月ぶりとなる砲撃を行った。血気盛んな“最高司令官同志”(最高指導者・金正恩第1書記)の暴走はとどまる所を知らない。(ソウル・上田勇実)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ