世界日報 Web版

新セマウル運動で美しい国土保全を


韓国紙セゲイルボ

 今や韓国のどこでも広い道路があり自動車で難なく行くことができる。高速道路と地方国道を走れば、「三千里錦繍江山」(麗しい山河の国)に道路のない所がない。

 1960年代から80年代までの本格的な経済開発時期には、人と物流の移動関係で多くの鉄道と自動車道路が必然的に必要だった。しかし、地方自治体制が始まった2000年代以後からは経済や地域発展に必要だというよりは、地方自治体と地元国会議員の過度な予算確保で、あちこちに道路と橋梁(きょうりょう)などを造り過ぎたことを否認するのは難しいだろう。まさに国民の税金浪費であり、国土毀損だ。

 美しい国土をこれ以上傷を付けず、姿をそのまま生かして保全しつつ、すでに毀損された所は復元・維持することがわれわれの責任であり、親環境時代の“21世紀のセマウル運動”だと考える。

 曲がった道路などを新しく変えた60年代や70年代とは違って、美しいものを保守・管理・保全することがこの時代に求められている。これが新セマウル運動だ。セマウル運動は結局、われわれの生活をより一層潤沢で豊かにするだろう。

 今、東南アジアなど開発途上国では、多くの政治家、公務員が韓国のセマウル運動と山林緑化を学んでいる。そして嶺南大だけでも44カ国から約130人の青年が留学し、セマウル運動の精神と数多くの成功事例を学習している。

 彼らに過去の経済開発中心のセマウル運動だけでなく、今日の環境親和中心の新しいセマウル運動も見せるべきだ。

(李敦求〈イドング〉嶺南大大学院教授・前山林庁長官、3月24日付)