世界日報 Web版

【韓国紙】観相師が見た大統領候補夫人の運勢


李在明氏夫人キム・ヘギョンさん(左)と尹錫悦氏夫人キム・ゴンヒさん(韓国紙より)

過去最高の令夫人は金泳三氏の妻、李氏夫人は出世援ける

 トップを走っていた野党国民の力大統領候補の尹錫悦(ユンソンニョル)元検事総長の失速で、韓国大統領選は混沌(こんとん)としてきた。尹氏は夫人の経歴詐称と自身の失言等で急激に支持率を落とし、トップの座を与党共に民主党の李在明(イジェミョン)前京畿道知事に譲っている。

 ところが李氏も親族や自身の不行状が問題視され、今は先頭に出ているとしても、本番までそのリードが保てるかどうかは定かではない。

 ここに来て、浮動層に人気のある国民の党代表の安哲秀(アンチョルス)氏が急浮上している。世論調査では野党統一候補には尹氏を抑えて安氏を推す声が多いくらいだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ