世界日報 Web版

韓国与野党大統領候補 安保観の違い歴然


対中政策でも温度差

 「勝つ戦争よりどんなに費用がかさんでも平和の方がまし。敵対関係にある相手と戦って勝つのは下策、戦わずして勝つのは中策だが、上策は戦う必要のない状態をつくり出すこと。南北関係はこういう観点でアプローチしたい」

 先週、韓国マスコミのベテラン記者たちとの質疑の場で、対北政策を問う記者の質問に李氏はこう述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ