世界日報 Web版

新首相に注目する韓国、慰安婦合意反故に腹立ち


 日本で岸田文雄政権が誕生したことに韓国は強い関心を抱いている。戦後最悪と言われる両国関係に改善の道が開かれるかどうか、新しい指導者に注目しているのだ。

 おおむね韓国メディアは「安倍・菅政権を継承する」とみているが、彼が自民党の中でも比較的穏健な政策を志向する宏池会(岸田派)に属するという点で、「極右」と規定した安倍政権よりもなにがしかの期待が持てるのではないか、といった、一方的な空想をたくましくしている面も否めない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ