世界日報 Web版

ミサイル挑発は対米交渉用―北朝鮮


北京五輪機に対話か

北朝鮮が先月から今月にかけ各種ミサイルの試験発射を断続的に行っているが、最大の狙いはいずれ行われるバイデン米政権との直接交渉を見据え、強力なカードを持つことにあるとみられる。直接的な脅威にさらされる日韓の立場も踏まえ、米国は北朝鮮に対話を呼び掛け始めたが、交渉の主導権を米朝どちらが握るかに関心が集まる。(ソウル・上田勇実)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ