世界日報 Web版

“大ヒット”の中国映画「長津湖」に疑義


「興南撤収」援けた米軍の勝利戦、逆の解釈で映画作成

 韓国動乱の激戦だった「長津湖(チャンジンホ)の戦い」を描いた中国映画「長津湖」が“大ヒット”しているという。中国での話だ。9月30日封切りから10月5日までに25億人民元(約442億円)の興行収入を上げている。建国記念日前後の連休(10月1~7日)では全国映画館の47%が同映画を上映した。

 長津湖戦闘とは北朝鮮咸鏡南道蓋馬(ケマ)高原の長津湖で、米軍約3万人が、中国軍12万人の待ち伏せを受け、死闘を展開。中国軍をくぎ付けにし、その後の民間人10万人の脱出、いわゆる「興南(フンナム)撤収」を可能にした戦闘をいう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ