世界日報 Web版

北朝鮮拉致事件と自民党総裁選


濱口 和久

拓殖大学防災教育研究センター長・特任教授 濱口 和久

 自民党総裁選は岸田文雄、高市早苗、河野太郎、野田聖子の4氏による戦いが繰り広げられている。4氏は独自の政策を掲げているが、高市氏を除いて、北朝鮮による拉致事件の解決に対する熱意をあまり感じないし、優先順位も低いようだ。4氏に限らず、国会議員から拉致事件の解決に向けての気概を感じることができない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ