世界日報 Web版

韓国・朴大統領就任1年、対日関係改善見えず


800

課題の「疎通不足」ネックに

 韓国の朴槿恵大統領が就任して25日で1年。世論調査では外交・安保の成果が評価されて支持率は50%を超え、民主化以降では歴代政権2位の高さというが、これとは対照的に対日関係の悪化は目に余るものがあり、今後の見通しも立っていない。なぜここまで関係がこじれてしまったのだろうか。(ソウル・上田勇実)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ