世界日報 Web版

金正恩独裁政権、終焉の兆し


宮塚 利雄

宮塚コリア研究所代表 宮塚 利雄

 北朝鮮では、コロナ禍と経済不況に加え食糧不足で人民の金正恩政権に対する不満が高まっている中、独裁体制そのものにも異常事態が発生している。金正日政権と金正恩氏の継承初期の8年間を平壌で勤務した、前駐平壌ドイツ大使のトーマス・シェファー氏が6月22日に自由アジア放送(RFA)のインタビューに応じ、「北朝鮮の政治体制が変化した」と主張した。同氏は「北朝鮮の政治権力は、金正恩単一体制ではなく、ごく少数エリートたちの集団指導体制である」と言う。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ