世界日報 Web版

米の“贈り物と請求書” オバマ大統領訪韓前に対日関係改善を


600

13日、ソウルでの会談に先立ち握手をするケリー米国務長官(左)と尹炳世韓国外相(EPA=時事)

 13日夕、外交部庁舎で開かれた韓米外交長官記者会見はすっきりしない後味を残した。韓米両国が北核対応と北朝鮮情勢把握、南北統一などの主要イシューでは確固たる共感を見せたものの、韓日の過去歴史対立問題に対しては顕著な見解の差を表したためだ。

 政府はケリー米国務長官を大きな贈り物(オバマ大統領の4月訪韓)を持って来た客として歓待した。朴槿恵(パククネ)大統領もケリー長官に直接謝意を表している。

 この裏面には「オバマ訪韓」誘致成功が、韓国外交の勝利という観点が敷かれている。オバマ大統領が2泊3日で予定されていた日本訪問日程を1泊2日に短縮してソウルを訪ねるのは、外交的に非常に異例なことに違いない。

 韓国政府はオバマ大統領のアジア歴訪対象国に日本だけが含まれて、韓国が抜け落ちることを防ぐために総力戦を繰り広げた。韓日が過去の歴史で対立している中で、日本だけを訪問するなら、米国が日本の肩を持っていると映るという憂慮からだ。

 政府は多様なレベルで韓米間の外交チャンネルを総動員して、オバマ大統領の訪韓の必要性を米側に説得しようと努めた。

 だが、外交舞台ほどギブ・アンド・テークがはっきりしているところもない。韓国はオバマ訪韓を引き出すことで、米国側に少なくない借金をしたことになる。ケリー長官は韓国に「請求書」を置いて行ったのだ。日本の反発を押し切ってオバマ訪韓を決めただけに、もう韓国が過去の歴史に不満を言うのを収めて、日本との関係を改善せよと迫ったのである。

 同長官は韓日対立について、「米国の二つの同盟国が過去の歴史を後にして(to put history behind)、両者間協力を改善させられる方法を探さなければならない」とし、「いま最も緊急な問題は安保だ。過去の歴史よりは今がより重要だ」と強調した。同時に4月の訪韓までに、両国関係が改善されていなければならないと期限まで区切った。

 これは安倍政権が過去の歴史を直視し、ふさわしい言動を取ることが韓日関係改善の前提条件だとしてきた朴槿恵政府の立場とは真正面から対峙(たいじ)するものである。

 記者会見の現場にいた政府関係者たちの表情が固まったのは言うまでもない。共同通信はケリー長官の発言を「韓国にも譲歩を促したもの」と報じた。政府がオバマ訪韓誘致に全力投入したことが、むしろ韓国外交を困難に陥らせたのだ。

 オバマ大統領の訪韓誘致成功は評価に値する。これで米国が韓日の歴史問題で日本の側に立っているという誤ったシグナルを遮断できることになった。ところが、日本の歴史退行に対するケリー長官の断固たるメッセージを引き出すことができなかったことは惜しい点だ。オバマ大統領の訪韓成功という形式にだけ気を使って、内容を逃してしまった。

(金桐鎮〈キムドンジン〉外交安保部記者、2月15日付)