世界日報 Web版

韓国・文大統領 金正恩氏との会談模索か


北朝鮮の金正恩総書記(写真左)と韓国の文在寅大統領(AFP時事)

「融和ショー」懸念の声も

 先月27日、韓国と北朝鮮を結ぶ通信線が約1年ぶりに復旧した。北朝鮮が昨年6月、韓国脱北者団体が体制批判のビラなどを大量にくくり付け北朝鮮に向けて飛ばす大型風船に猛反発し、一方的に通信線を遮断して以来のことだ。

 韓国政府によると、復旧したのは南北軍事境界線上にある板門店など2カ所の直通電話と韓国・北朝鮮両軍の電話・ファクス。今年4月から文大統領と金総書記が複数回、親書を交換した末に合意に至ったという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ