世界日報 Web版

過去に拘る朴槿恵大統領、「親中反日」に手を焼く米国


安全保障を揺さぶる韓国

 中国と一緒になって「安倍叩き」「日本攻撃」を続けている韓国の朴槿恵(パククネ)大統領を米国は「親中反日」政治家と認識している――。

 米ワシントンでコンサルタント事務所を主宰している劉敏鎬(ユミノ)氏が「月刊朝鮮」(2月号)で指摘していることだ。劉氏は延世大政治外交学科を卒業した後、松下政経塾(15期)で学び、現在はワシントンで日米韓の政治を立体的に眺める立場にいる。

 そこから見える状況は、「韓日の過去問題で生じた不協和音が韓米、日米、さらに韓米日3国軍事同盟問題にまで影響を与えている」というものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ