世界日報 Web版

北朝鮮崩壊視野?米中が統一協議へ


800

 「内憂外患」の金第1書記

 昨年12月にナンバー2の張成沢・朝鮮労働党行政部長が処刑されて以降、北朝鮮最高指導者・金正恩第1書記による統治が、表面的な様子とは異なり、極めて不安定だとする見方が韓国内で浮上している。こうした状況判断を裏付けるかのように米国は中国と韓半島の統一問題について話し合う意向を明らかにした。
(ソウル・上田勇実)

 「同志は自分の靴だけ残すとでも言うつもりか」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ