世界日報 Web版

随所で脱北者冷遇 韓国・文政権


2009年に日本海を南下し韓国に亡命した脱北者11人を乗せた船。現在、韓国・江陵市の「統一公園」に展示されている(18年1月撮影)

 「2009年9月27日夜、咸鏡北道金策市を出発した北朝鮮の住民11人は、東海の公海上を経由する4日間の航海の末、10月1日、江陵市注文津付近から亡命した。彼らは韓国への憧れと自由を得るため、北朝鮮当局の厳しい統制網をくぐり抜け、死を覚悟した挑戦により北朝鮮からの脱出に成功した」

 これは日本海に面する韓国北東部の江陵市にある「統一公園」に展示された古びた木造船の前に建てられた看板の説明文だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ