世界日報 Web版

金正恩氏の思惑 妹降格「米朝決裂の引責」


中国の支援で持久戦覚悟か

 党大会では幹部の人事も発表されたが、最も関心を引いたのは正恩氏の妹・与正氏の降格だ。党の最高幹部は約30人いたが、与正氏はその役職の一つである党中央委員会政治局員候補を外され、さらに党第1副部長から格下の党副部長になった。

 北朝鮮の内部事情に詳しいある消息筋はこう述べる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ