世界日報 Web版

韓国・文政権 検事総長叩きエスカレート


文在寅韓国大統領(EPA時事)

総長に次期大統領の呼び声

 事の発端は、尹氏が曺国・前法相の家族をめぐる不正疑惑を捜査し、文氏の反発を買ったとされること。曺氏は政権への捜査を遮断する道具として物議を醸した「高位公職者犯罪捜査処」の設置に尽力した人物で、文氏に近い。曺氏は世論の反発から辞任に追い込まれたが、後任の秋美愛法相は今年初め、尹氏の下で捜査を担当した検察幹部ら32人を大幅交代させる事実上の報復措置を取った。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ