世界日報 Web版

韓国 米朝仲介から日朝仲介へ?


菅義偉首相

平和演出でレガシーづくり

 今月、急きょ来日した韓国国家情報院長の朴智元氏は菅義偉首相や自民党の二階俊博幹事らと相次いで会い、その目的に関心が集まった。朴氏は菅首相を表敬訪問した場で「文大統領の『東京五輪構想』を説明した」(韓国紙朝鮮日報)という。

 それは来年7月の東京五輪を契機に「韓日の懸案である元徴用工問題と北朝鮮による日本人拉致問題、北朝鮮の核問題など北東アジアの安全保障問題を一括妥結しようというもの」(同紙)だという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ