世界日報 Web版

北の軍備拡張、脅威の増大に警戒強めよ


 北朝鮮が露骨に軍備拡張を進めている。大陸間弾道ミサイル(ICBM)を収容する新しい施設が年内にも完成し、運用に入る可能性があることが分かった。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中射出装備に関する動きも把握されたという。北朝鮮が軍事的脅威を増大させる恐れがあり、日本をはじめ周辺国は警戒を強める必要がある。

ミサイル施設完成へ


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ