世界日報 Web版

金正恩氏が手術後「重篤な状態」 米メディア


健康悪化説 韓国側は否定的

 米CNNは20日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が手術を受けた後、重篤な状態にあるとの情報があり、米政府が注視していると報じた。一方、韓国側は否定的な見方を示している。正恩氏は、最近の公式行事に姿を見せなかったことから、健康状態をめぐりさまざまな情報が飛び交っている。

金正恩朝鮮労働党委員長

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=朝鮮中央通信が2月29日配信(AFP時事)

 CNNは、この情報を直接的に知る立場の米政府当局者の話として、金委員長が手術を受けた後、「重大な危険に陥っている」とした。また、米ブルームバーグ通信によると、米当局者は、正恩氏が手術後、「危機的状況」にあったとしたが、現在の健康状態について定かではないという。

 北朝鮮専門メディアの「デイリーNK」は20日、正恩氏が「過度の喫煙や肥満、過労」のため、12日に平壌北方の平安北道妙香山にある専用病院で心血管系の手術を受けたと報じた。手術後、金委員長は別荘で治療を続けたが、状態が安定したため、医師のほとんどは平壌に戻ったとされる。

 一方、韓国大統領府の報道官は21日、正恩氏の健康に関する臆測について「現在までに北の内部に特異な動向は確認されていない」と述べ、慎重な見方を示した。

 正恩氏は、11日の朝鮮労働党政治局会議に出席。しかしその後、祖父に当たる故金日成主席の生誕を記念する15日の太陽節の祝賀行事に姿を見せなかったことから、健康悪化説が浮上している。これまで正恩氏は毎年、金日成氏の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿へ参拝していた。

 トランプ大統領は18日の記者会見で、正恩氏から「素晴らしい書簡」を受け取ったと語り、「金正恩氏とはとても良好な関係にある」と述べたが、北朝鮮側は書簡を送ったことを否定していた。