窮地に追い込まれた金正恩政権


宮塚 利雄

 中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大は中国のみならず、世界中に広がっており、その終焉(しゅうえん)の兆しは全く見えていないどころか、むしろ拡大の兆候を見せている。このような事態の下で中国共産党指導部が「春節」に異例の会議を開催、対応を協議したとの報道があり話題となったが、異例と言えば北朝鮮でも毎年恒例となっている「新年の辞」が発表されなかった。北朝鮮の「新年の辞」は北朝鮮ウオッチャーにとっては、北朝鮮の動向を分析する最も重要な資料(指針)であったが、今年はなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ