世界日報 Web版

韓国与党、新型肺炎で総選挙に黄信号


ロッテ百貨店

 「新型肺炎で恐怖心や不安心理ばかりが煽(あお)られているようだが、不謹慎を承知の上で言うなら総選挙で文政権への審判を期待する立場としては今回の事態は天からの贈り物。感染者が増え、経済への打撃が大きくなるほど政府・与党への批判が強まるのだから」

 外交官出身の保守系活動家は新型肺炎が総選挙にもたらす影響についてこう語った。

 実際、文大統領と与党の支持率は下落傾向にある。韓国ギャラップが先月末実施した世論調査で文大統領の支持率は2週間前に比べ4ポイント下がって41%、与党支持率も5ポイントマイナスの34%だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ