世界日報 Web版

ウクライナ東部の紛争問題


ゼレンスキー大統領

 ロシアが2014年、ウクライナのクリミア半島を併合した。これと並行して、ロシアに接するウクライナ東部のルガンスク、ドネツク両共和国(ドンバス地域とも呼称)では、親露独立派武装勢力が両共和国のロシアへの併合を求め、政府側との戦闘(ウクライナ東部紛争)が勃発した。

 ロシアが親露独立派武装勢力を支援したとみられているが、両共和国を併合する考えはない。独立派は「ドネツク、ルガンスク両人民共和国」を自称し、実効支配地域を拡大した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ