世界日報 Web版

10カ月超えた黄色いベスト運動、抗議デモで「マクロン改革」減速


800

国民の分断を助長 議会進出には失敗

 今月9日に仏経済紙ラ・トリビューンが公表した世論調査によると、長期化している黄色いベスト運動の停止を望んでいるのは回答者全体では52%、年金生活者では63%に上っていることが明らかになった。

 パリ西郊外の仏自動車メーカーで働くブリュノさん(48)は、5カ月前まで組合の後押しもあって毎週土曜日のデモ行進に参加していたが、デモ隊の暴力の横行が止まらないのを見て不快感を覚え、参加をやめたという。記者の取材に「私の仲間の多くはうんざりしている」と話している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ