世界日報 Web版

トランプ政権・中東和平案「経済分野」公表


300

イスラエルの安全保障にリスク

 中東和平実現に向けイスラエルとパレスチナを仲介するトランプ米大統領の中東和平案「世紀のディール(取引)」の経済に関する部分が22日に公表された。トランプ政権は、パレスチナへの経済支援でパレスチナ自治政府との対話再開を目指す。一方、トランプ政権が中東和平の公平な仲介役になれないと反発しているパレスチナ側は、政治的な解決が示されない限り和平案を受け入れることはできないとして拒否する構えだ。(エルサレム・森田貴裕)

パレスチナは支援拒否


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ