世界日報 Web版

相違する独仏両国の軍事政策


小林 宏晨

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 公式には独仏両国は両国間の友好条約の記念祭を盛大に祝った。一方、カーテンの裏側では安全保障に関する両国の溝を埋めるために、熾烈(しれつ)なバトルが繰り広げられた。しかしその溝は、いまだに埋められていない。

 カール大帝時代の首都アーヘンでの記念祭で、マクロン仏大統領がドイツ語のロマンティックな魅力を賛美した。これに対し、メルケル独首相は、極めて冷静に両国の文化の相互尊重の必要性について述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ