世界日報 Web版

欧州議会選でEU懐疑派が台頭


トゥスク大統領(右)とユンケル欧州委員長

 EUは9日、ルーマニア中部シビウで英国を除く加盟27カ国の非公式首脳会議を開き、EUの将来像をまとめた「シビウ宣言」を採択した。特に10月末までに英国がEUを離脱することを前提に、宣言では「何があっても団結する」と結束の意思を強調した。

 EUは今月23~26日に5年に1度の欧州議会選挙を実施し、その後、EUの執行機関、欧州委員会の委員長の選任も行われる。議会と欧州委員会の新体制発足を前に、首脳会議では今後5年間に取り組むべき政策課題についても幅広く協議されたと伝えられた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ