世界日報 Web版

“赤の砦”ウィーンは渡さない


ミヒャエル・ホイプル

 ミヒャエル・ホイプル市長(68)は1993年にウィーン市社会民主党党首に就任し、翌94年11月にウィーン市長に就任して以来、既に23年間、市長職を務めてきた。その間、社民党筆頭候補者として4年ごとに実施される市議会選に勝利を重ねてきた。連邦レベルの選挙(国民議会選)では、社民党が有権者の支持を失ってきた中で、ウィーン市社民党は例外だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ