世界日報 Web版

超高齢化社会バチカンの未来は?


800

若返りの決め手は法王任期制導入か

 バチカンの高齢化を考える前に、ローマ法王を頂点としたバチカンのヒエラルキーを理解する必要があるだろう。世界に12億人以上の信者を擁するローマ・カトリック教会の最高指導者は“ペテロの後継者”ローマ法王であり、現在は南米出身のフランシスコ法王だ。法王の次には219人の枢機卿がいる。法王選出会(コンクラーベ)に参加できる枢機卿は80歳未満だ。次期法王の選出権を失った80歳を超えた枢機卿の数は99人だ。その数を差し引くと、ちょうど定数の120人の枢機卿が現時点で選挙権を有していることになる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ