世界日報 Web版

ラマダン月でテロ警戒強める仏


800

非常事態宣言の期間延長

 5月22日に英マンチェスターのコンサート会場で起きた22人が死亡した自爆テロ事件を受け、就任間もないフランスのマクロン大統領は24日、閣議を招集し、7月15日までとしていた非常事態宣言期間を議会承認後、11月1日まで延長する方針を確認した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ