世界日報 Web版

ルペン氏の対抗馬は誰に、混戦模様続く仏次期大統領選


800

 最新の複数の世論調査で、第1回投票では右派・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン候補と独立候補のエマニュエル・マクロン候補が第2回投票に進むとの見方が強まっている。半面、いまだに誰に投票するか決めかねている有権者が4割に上るという調査結果が出ている。

 フランス・テレビジョンとラジオ・フランスによる最新の世論調査によると、第1回投票でルペン候補は25%、マクロン候補は24%で接戦を演じ、共和党のフランソワ・フィヨン候補が18%、そして左翼党のメランション候補、社会党のアモン候補と続いている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ