世界日報 Web版

曲がり角にあえぐ仏政治


バルス

次期大統領選、既存大政党離れ加速

 高い失業率と治安問題に苦しむフランスは、史上最低の支持率を更新する左派のオランド大統領への失望感だけでなく、中道右派のサルコジ前政権への失望感も消えていない。そのため、既存政党離れが加速し、欧州連合(EU)離脱を掲げる右派・国民戦線のマリーヌ・ルペン党首や独立候補のエマニュエル・マクロン前経済相への支持が高まっている。(パリ・安倍雅信)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ