世界日報 Web版

フランスに声援を A cheer, please, for France


 昨今は、ヨーロッパにとって楽な時代ではない。アンゲラ・メルケルはドイツの収容能力を超えた客人を招き入れた。英国は欧州連合(EU)離脱を話し合っている(もっとも、英国は自国を欧州大陸の一部と見なしたことは、一度もないが)、そして、美しきフランスが、イスラム教徒のテロリストの主たるターゲットなのである。パリは、過去1年半の間に、2回の流血の襲撃を受けた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ