世界日報 Web版

独のイスラム頭巾信教論議


小林 宏晨

特殊なベルリン中立法

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 最近のドイツでは、信教の自由と国家の宗教的中立の関係をめぐる論議が深刻な問題となっている。この問題は同時にドイツ社会の約5%の少数派であるイスラム教徒の同化の問題でもある。この問題に関連して、ドイツ連邦憲法裁判所は、2015年の「イスラム頭巾禁止」判決で、イスラム頭巾の画一的着用禁止が信教の自由たる基本権の侵害を構成すると判定した。本稿ではこの判決に対するラント・ベルリン(ベルリン州)の対応について報告したい。

ベルリンで頭巾着用禁止不変


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ