世界日報 Web版

息巻くネオナチの“亡霊”、スロバキア総選挙で極右政党躍進


700

EUの難民政策に暗雲

 まず、スロバキア総選挙の結果とその後の連立政権発足までの経緯を紹介する。

 スロバキアで3月5日、国民議会の総選挙が実施され、中道左派与党「方向党・社会民主主義」(Smer―SD)が得票率を前回(2012年、約44・4%)比で大幅に失ったが、第1党の地位(得票率約28・3%)をキープ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ