世界日報 Web版

独における反イスラム言動


小林 宏晨

平和的共存を乱す危険

日本大学名誉教授 小林 宏晨

 人々は、その意見を自由に表明し、議論する場合にのみ、その政治意思を形成することができる。これこそが民主制の基盤である。しかし、他者を中傷し、かつ犯罪を呼び掛ける者は、制限を受けることになる。このことを最近のドイツを用例として検討しよう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ