世界日報 Web版

社会へ同化難しいアラブ移民


今年、未遂含め10件のテロ

 テロのニュースは世界中を駆け巡り、ソーシャルネットワーク上では弔意のコメントが世界中から寄せられた。フランスでは今年1月にパリ市内にある風刺週刊紙シャルリエブド本社を含む3カ所でテロが発生、11人が犠牲となっている。実行犯はシリアやイラクで活動する武装組織「イスラム国(IS)」に影響を受けたり、戦闘訓練を受けていた。今回もテロの首謀者は、ベルギー・ブリュッセル郊外に住むアラブ系移民のフランス人活動家グループによって実行されたとみられている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ