世界日報 Web版

EU VS 英 離脱後も亀裂深まる


英南西部xコーンウォールで会談するミシェルEU大統領(左)、ジョンソン英首相(中央)、フォンデアライエン欧州委員長=6月12日(AFP時事)

 フランスのボーヌ欧州問題担当相は先週、パリでのフロスト英離脱担当相との会談は「有益で前向きだった」と述べた。「対話が可能であると思われる限り、交渉を続ける」と付け加えたが、関係者らは事態の悪化は止められていないと指摘する。

 フランスのジラルディン漁業相は10月27日、2隻の英漁船が、フランス北西部ルアーブル港沖でホタテ漁の時期に実施される通常の検査を受けていたが、うち1隻が指示にすぐに従わなかったため、罰金を科したことを明らかにした。もう1隻はフランス領海での漁業許可を持たずにセーヌ湾で漁をしていたため、拿捕(だほ)したという。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ