世界日報 Web版

モロッコとの対立激化でアルジェリアが中露接近と警告するMEE


 モロッコ出身のジャーナリスト、アリ・ルンラベット氏はMEEで、「ここ数週間、モロッコがドイツ、スペイン、欧州連合(EU)との関係を再構築することを計画しているという話が伝わっている」と、モロッコ政府が欧州との関係改善に向かっていることを指摘した。

 モロッコは2020年12月、トランプ米政権の中東和平協定「アブラハム合意」に加わるかたちでイスラエルと国交樹立に合意した。アラブ連盟加盟国としてもともとイスラエルとは距離を置いてきたモロッコだが、1990年代には連絡事務所を開設するなど、イスラエルとの関係を模索していた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ