世界日報 Web版

スイスが移民流入規制を強化へ


800

欧州の統合・深化には障害

 スイスで移民流入規制の是非を問う国民投票が行われ、僅差だが規制に踏み切ることになった。一方、人と物の移動の自由を認める欧州連合(EU)では、加盟国の旧中・東欧諸国からのドイツやフランスへの移動自由化で反移民感情が高まりつつある。5月の欧州議会選を控え、右派政党には追い風だが、欧州の統合・深化には障害となっている。(パリ・安倍雅信)

 スイスでは9日、移民流入規制をめぐる国民投票が行われ、賛成50・3%、反対49・7%の僅差で可決された。スイスはEU加盟国ではないが、EUとは特に経済面において包括的協定関係にあるが今後、協定に影響が出る恐れも指摘されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ