世界日報 Web版

ウィーン住みやすさ12位に転落ーオーストリアから


地球だより

 英誌エコノミストが9日公表した最新「世界の住みやすい都市」ランキングによると、これまで2年連続トップだったウィーンが12位に転落してしまった。

 そのニュースが流れると、ウィーンでは落胆する声が聞かれた。特に、ウィーン市観光業界関係者の嘆きは深刻だ。

 9日の夜のニュースでは、市の観光業界関係者が「新型コロナウイルスの感染が全ての主因だ。悪いのは中国発のコロナウイルスだ」と述べていた。ウィーンではこれまで3回、ロックダウン(都市封鎖)が行われ、コンサート、劇場は閉鎖されてしまった。ホテルも閉鎖され、外国旅行者はゼロだ。アルプスの水を利用したおいしいウィーンのコーヒーを楽しめる喫茶店も閉店だ。これで「世界一住みやすい都市」のトップをキープしようとしても無理。

 それだけではない。ウィーンで昨年11月、イスラム過激派によるテロ事件が発生し、4人が死亡、多数が重軽傷を負った。欧州一安全な都市を自負してきたウィーンのイメージがつぶれてしまったばかりだ。

 新型コロナの感染拡大は観光都市ウィーンに大きなダメージを与えた。ただし、世界の代表的な都市も程度の差こそあれ状況は変わらないだろう。ウィーンだけがコロナ禍を受けたわけではない。

 2021年世界一住みやすい都市はニュージランドのオークランドで、大阪は2位、東京は5位だった。ウィーンが「世界一住みやすい都市」にカムバックするのはいつだろう。

(O)